杉玉@巣鴨

「杉玉」 【巣鴨/居酒屋】 所用の帰りに巣鴨でランチ。 なかなか目ぼしい店が見当たらずにこちらへ飛び込みで。 JR東日本系列の寿司居酒屋で以前に阿佐ヶ谷店へ訪問したことがある。 まずパリパリ胡瓜 この旨辛ねぎまぐろディップがなかなかの出来栄えで、胡瓜がなくなってもこれだけ箸休めにつまみ続けてしまった。 海のフォアグラ大根。 上に載っているのはあん肝を炙ったものかな。 炙りあん肝ポン酢。 おそらく海のフォアグラ大根の上部分と同じ。 あん肝は炙ってしまうと何やら全くの別物に感じてしまう。 食感や香りが好みでなくなってしまう事が発見できた。 薬味まみれ〆鯖。 こちらは阿佐ヶ谷店でも頂いた。 どちらかというと〆鯖よりも薬味中心の味だがさっぱりとして悪くはない。 ローストビーフのカルパッチョ。 和風トリュフソース。 鬼おろしがよいアクセント。 ネギまぐろとオリーブオイル。 まずパリパリ胡瓜のねぎまぐろディップの方が好み。 塩雲丹、烏賊、大葉。 雲丹は残念ながらいまいち。 出汁に漬かった出汁巻き玉子。 意外と悪くないアウトプット。 揚げ茄子明太マヨ。 握りを幾つか。 蟹クリームコロッケ。 〆に穴子一本。 色々と面白いメニューがあるのでつい食べ過ぎてしまう。 春の限定酒が3種あり、三井の寿 春純吟 クアドリフォリオと播州一献 SPRING SHINE…

続きを読む

牛兵衛 草庵@大宮

「牛兵衛 草庵」 【大宮/焼肉】 色々なところで展開している山形牛の焼肉店草庵へ。 後楽園、池袋に続いて3店舗目の訪問。 ランチでの訪問だったがグランドメニューから注文できるのが嬉しい。 キムチ盛り 牛タン サラダ 赤身からウデ、内モモ。 ロース チヂミ どれもそつなく普段使い出来る焼肉店。 牛兵衛 草庵 そごう大宮店 (焼肉 / 大宮駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

兜(夜)@大宮

「兜」 【大宮/居酒屋】 大宮で所用のため夕食を雰囲気の良さそうな処で予約。 生ビールとお通しを頂きながらメニューを開いて何を食べようかと物色。 あまり統一感のないラインナップで幅広い。 たたき胡瓜にマカロニサラダ。 魚は本日お勧めの本鮪赤身を。 こちらは解凍に失敗したのだろうか。 旨味もなくざらっとした舌ざわりでちょっと頂けない。 クリームチーズとがっこの和風和え。 鰹節が効いており酒が進む。 日本酒は楯野川純米大吟醸を頂く。 鶏レバ刺は総州古白鶏の低温調理。 ゴマ油と塩で頂く。 つやつやの小籠包。 熱々のスープがたっぷりと閉じ込められている、という感じではない。 見た感じではどのように包んだのか不明な形状だった。 山崎に併せて頼んだ燻製の盛り合わせ。 燻し方がやや弱いように感じるが梅干しは美味しかった。 肉厚の鯵フライ。 シラスとあおさの和風ピザ。 山葵がよく効いておりさっぱりと頂ける。 お店の雰囲気や接客などは非常に良いのだけれど肝心の味の部分が残念な印象となってしまった。 創作和処 兜 (居酒屋 / 大宮駅) 夜総合点★★☆☆☆ 2.5

続きを読む

和優(夜)@練馬

「和優」 【練馬/和食】 3か月ぶりの和優。 3月は周年月で今年は5周年。いつもの日本酒ミニボトルを頂く。 刺身盛り合わせ 鮪、鯛、鯵、墨烏賊、蝦夷鮑肝付き。 ちょっと珍しい蛍烏賊の刺身。 ホワイトアスパラ焼き。 1杯目は白州を飲んでいたが早速日本酒へ。 生が飲みたくなり見たことのない旦を。 純米吟醸無濾過生原酒。 珍しい山梨のお酒。 美山錦。 続いても生。 茨城県。 森嶋の純米吟醸生。 ひたち錦。 旦も森嶋も刺身によく合う繊細な味わい。 前回頼んで気に入った蛤の酒蒸し。 5周年記念でお安くなっている定番のアジフライ。 鰤は煮付けではなく敢えての塩焼き。 ちょっと変わった可愛らしいアウトプット。 日本酒はさらに生で攻める。 埼玉県。花陽浴 純米大吟醸無濾過生原酒。 美山錦。 少々甘めな味わい。 最後の生は裏男山。 男山といえば北海道だがこちらは青森県。陸奥男山は陸奥八仙の蔵元が出すセカンドラベル。 その裏バージョンという事でラベルも鏡面文字となっている。 なかなか面白い意匠。 麹米が華吹雪、掛米がまっしぐらという青森県のオリジナル米。 箸休めの山葵漬けをつまみながら〆の炊き上がりを待つ。 炊き込みご飯の具材は筍、蛍烏賊を抑えて牡蠣をチョイス。 最後は知多をハイボールで飲みながら、デザートにガトーショコラとアイスクリームも。 …

続きを読む

HARUTA@高田馬場

「HARUTA」 【高田馬場/ダイニング】 高田馬場で所用の帰りに昼飲みで飛び込み。 店内は狭く昼時という事もあり残るテーブルは1卓。 運良く通して頂けたので客単を上げるべく飲み食いしようと決意。 まずはメガハイボールを飲みながらカルパッチョ。 クリームチーズのテリーヌ ドライフルーツとミックスナッツ これはワインを飲みたくなる一品。 3品選べるアヒージョはエリンギ、ブロッコリー、豚バラで。 大分遅れての登場となった前菜5種持ち合わせ。 揚げニョッキ~アンチョビケッパー~ 最後に肉料理。 豚ロースと生ハムのサルティンボッカ(豚ロースと生ハムの重ね焼き)。 バルサミコ酢のソースが良く合っている。 近くでイベントがあったため小学生連れの家族が多数。 練馬展より狭いのでランチタイム前半はほぼ満席状態だった。 イタリアン大衆酒場HARUTA 高田馬場店 (イタリアン / 高田馬場駅、西早稲田駅、学習院下駅) 昼総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

13湯麺(夜)@御徒町

「13湯麺」 【御徒町/中華】 喜羊門で中華料理を頂き、その後に数軒梯子してからのラーメン。 中華に始まり中華に終わる。 おそらく、そこら辺のキャッチを捕まえて美味しいラーメン屋を聞いての訪問と思われる。 ほぼ記憶のないタイミングでの入店。 入店と言っても寒風吹きすさぶ中、屋外のカウンター席で頂く。 具なしのとんみんが有名らしいが写真を見る限り注文したのは特製ラーメンの模様。 後から調べてみると松戸で有名なラーメン店らしい。 13湯麺 湯島店 (ラーメン / 上野広小路駅、上野御徒町駅、湯島駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

喜羊門 御徒町本店(夜)@御徒町

「喜羊門」 【御徒町/中華】 司法試験時代の仲間と御徒町の中華店へ。 普段は全く足を踏み入れないエリアにも拘わらず、年末以来という短期リーセンシーでの訪問。 仲間の一人がチョイスしてくれたこの店は中国人のお客さんも多くなかなか評判が良いとの事。 メインで羊の足丸焼きか兔の丸焼きを選べるコース。 個人的には兎に行きたかったが、兎がダメなメンバーがいたため羊となる。 羊の足丸焼きはなかなかの見た目とボリューム。 一度出されてこのまま焼いて食べるのかと思ったら、流石に一度下げてカットしたものを改めて提供してもらえる。 羊のタンとハツは初めてかもしれない。 豆苗炒め 四川風牛チャーシュー パクチーサラダ エビの塩コショウ炒め 〆は揚州チャーハン デザートはプルプルのビンフェン コースのボリュームが多いので大人数で楽しめるお店。 中国料理 喜羊門 御徒町本店 (中華料理 / 湯島駅、上野広小路駅、上野御徒町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

BAR 西麻布倉庫(夜)@西麻布

「BAR 西麻布倉庫」 【西麻布/バー】 西麻布の2軒目は少し前から目を付けていたバーへ。 酒の倉庫を半改築したというスタイリッシュな店内。 六本木に多いラグジュアリー系とは毛色が大分異なる雰囲気。 カウンターの上にあるショップカードのQRを読み込むとメニューへ飛べる。 面白いのはメニューに酒の銘柄が出ていないところ。 先入観なく飲んでもらうためだと言い、確かにバックバーにも酒瓶は見当たらない。 メニューの説明から想像できるものも幾つかあるが、実際に飲んでもボトルが見れないので答え合わせはできない。 1杯目はスウェーデンのビール。 どうやらヴァイス系らしく、何とか銘柄を聞き出そうとしたが駄目だった。 そしてここの定番らしいレモンサワーを。 変わった香りがすると思ったらなんとメスカルでつくっているとの事。 燻製された塩のスノースタイルでレモンとの相性も抜群。 そして最後にアイラ系モルト。 もちろん銘柄は不明。 お酒を楽しむだけでなく話のネタとしても面白いお店。 BAR 西麻布倉庫 (バー / 六本木駅、乃木坂駅、麻布十番駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

FERMINTXO(夜)@西麻布

「FERMINTXO」 【西麻布/スペイン料理】 仕事仲間と西麻布の裏通りにあるバスク地方を中心としたスペイン料理店へ。 店内へ入るとカウンター席、奥に個室フロアが連なっており比較的カジュアルな雰囲気のお店。 奥にある4人掛けテーブル席へ。 スペインワインが300種類以上揃っているとのことでまずはCAVAからスタート。 CODORNIUのARS COLLECTA BLANC DE NOIRS アペリティーボ クロケッタ ビーツムース ロモサルタード エスカベーチェ 加藤ポークリエット 冷菜は サクラマスと宇和島ブラッドオレンジのレモホン 温菜1品目 ヤリイカのプランチャ 2本目は赤をチョイス。 軽めをオーダーしたところMenciaを勧められLa Penitencia。 お店によるとスペインの赤ではなかなか通の選択らしい。 温菜2品目はアルボンディガス。 スペイン風ミートボール。 平目プランチャとギサンテ(涙豆) パエリアはオマール海老をチョイス。 スペインの赤と言えばテンプラニーリョが定番という事らしいので、TOROのVICTORINOをグラスで頂いてみた。 次に出てくる鹿肉との相性も抜群らしい。 鹿肉のロースト 食後にはシェリーを思っていたが、Pacharánというアニス系があるというのでこれを頂いてみることに。 フルーツを漬けたものらしくアニス…

続きを読む

蕎麦二十三(夜)@練馬

「蕎麦二十三」 【練馬/蕎麦】 昼飲み処として重宝していたがランチ営業がなくなってから足が遠のいていた蕎麦屋にて夕食を。 お通しはワカサギの南蛮漬け 冷たいと思ったら温かく、しかもサクサクの状態で味わえる。 すでにお通しからテンションが上がる。 1杯目のビールを飲み終わらない内に我慢ができなくなって久しぶりの雪漫々 大学生時代にはまった日本酒の一つ。 そして日本酒にはまったきっかけの一つ。 板わさと蕎麦屋のポテサラ。 この日は日本酒を飲むと決めて手取川の大吟醸。 こちらも懐かしいお酒。 刺し盛り。 鯖に平目の昆布締め、鯛、鰤、蛸にガリ巻きとなかなかの見た目。 そして車海老の西京焼きと日本酒に嬉しい料理が続く。 日本酒は引き続き懐かしいシリーズで菊姫のあらばしり。 蕎麦屋の定番、出汁巻き玉子。 そしてさっぱりと箸休めに茗荷、蕪、胡瓜の塩昆布和え。 雨後の月 純米大吟醸生。 これで4合。 そろそろ味覚も怪しくなってくる頃合い。 旨味たっぷりの合鴨焼き。 たたきと迷ったが焼きで正解。 松の司 純米吟醸あらばしり。 最後の料理はきんきの煮付け。 日本酒のラストは羽根屋 特別純米生。 〆はもちろん蕎麦。 あやうく注文し忘れそうになる。 日本酒は結局6合飲んだがメニューにはまだまだ気になる銘柄がある。 次回は半合で頼める…

続きを読む

AMUSEMENT(夜)@恵比寿

「AMUSEMENT」 【恵比寿/バー】 仕事関係者と今年初のアミューズメント。 まずはいつも通りヴァイスを。 ヴァイエン ステファン ヘーフェヴァイス(Weihenstephaner Hefe Weissbier)。 一皿目は蛸のマリネ。 生ハムとサラミ 生牡蠣のフリット 鯛のフィッシュアンドチップス 教は鮟鱇でなく鯛だった。 そしてメインの八丁味噌スペアリブ。 初の同行者には必ずお勧めする一品。 2杯目以降はドラフトを一通り。 Urquell(ウルケル)のミルコやコエドの漆黒、POHJALA(プヤラ)のSticks&Stones、Brew Dog(ブリュードッグ)など。 Brew DogはElvis Juiceが切れてしまったので急きょ別の樽に変更して出して頂く。 その後はモルトに移行してSpringbank、LAPHROAIG PX CASK、Ichiro's Malt MWR。 ラフロイグはシェリーカスク熟成のため、「らしくない」軽い味わいに仕上がっており一瞬頭がバグる。 イチローズのMWRは比較的キーモルトの比率が高いとのこと。 その後はいつも通り面白いものをという無茶なオーダーに答えて頂き、国産のボタニカルリキュール「SCARLET」を。 まずはOrange Amaro、そしてCask Marriage。 Cask Marriageはブラックオレンジの皮のみだが、Orange Amaro…

続きを読む

山海鮮(夜)@桜台

「山海鮮」 【桜台/居酒屋】 新規開拓で近くの寿司居酒屋を予約して訪問。 桜台の駅近く、格之進と同じ通りの地下店舗。 意外とこじんまりとした店内ですぐに満席となっていたので予約して正解。 メニューを眺めてまずは刺し盛り。 鮪赤身、大トロ、鰤の炙り、鱸、鯛、烏賊、帆立、サーモン、ミニいくら丼にねぎとろ丼と2人前でなかなかのボリューム。 烏賊向けには甘口醤油が別途提供されてくる。 ドリンクは山崎のハイボールからスタートしたがどうしても日本酒が飲みたくなって雁木を。 クリームチーズといぶりがっこの塩昆布じゃがサラダ 自分ですり潰すスタイル。 じゃが芋は少し大振りの状態にしておきたかったので、程よい塩梅に混ぜてから頂く。 そして、ふとメニュー表にない品が壁に貼られていることに気が付く。 その中にクエ刺しを発見したので慌てて追加で注文。 日本酒も追加をしようと手取川を。 メニューにあれば必ず頼んでしまうのどぐろの塩焼き。 更に日本酒を追加しようと悩んでいたら、日本酒の別メニューを出して頂く。 その中で3種のみ比べがあったので、まんさくの花ダイヤモンドドロップ、初孫の黒魔斬、真澄の漆黒をチョイス。 こちらの日本酒メニューは中々面白いラインナップとなっている。 まんさくも初孫もかなり久しぶりの味わい。 ダイヤモンドドロップは約1年間低温瓶貯蔵で熟成させた純米大吟醸の原酒。 魔斬は酒田に伝わる主に漁師などが使う切れ味の鋭い小刀を…

続きを読む

Di PUNTO(夜)@池袋

「Di PUNTO」 【池袋/ワイン】 池袋で遊んだ後に早めの夕食。 まだ16時前なのでやっている所があるだろうかと思いふらふらと歩いていたら偶然15時オープンの店を発見。 ほぼ一番乗りでの入店。 まずはハッピーアワー中のジンビームハイボールを飲みながらメニューを眺める。 サラダ代わりにサーモンとアボガドのタルタル。 他に客もいないのでサーブも早い。 北海道産蛸のシトラスカルパッチョ。 3種類のスパイスからテイスティングして選ぶと、その場で擦って振りかけてくれるシステム。 ラインナップは海のペッパー(バーベナペッパー)、森のペッパー(ヴィチペリフェリペッパー)、果実のペッパー(パッションペッパー)で選んだのは海のスパイス。 つづいてシャルキュトリーの盛り合わせ。 真ん中にそびえ立つのは豚レバーパテのブリュレ。 周りに並ぶのは、生ハム、アイスピック、コンビーフと豚軟骨のテリーヌ、イベリコチョリソー、白カビのロックフォールサラミ、ピスタチオと無花果のパテ。 ワインのお店という事もあってメニューを眺めると、ランブルスコが3種類。 辛口、甘口、そしてビアンコ。 これもハッピーアワー対象という事で順番に注文する。 ビアンコは初めて飲んだが中々面白い味わい。 アンガス牛のステーキ。 思ったよりも柔らかいと思ったら真空調理とのこと。 もう少しつまみたかったので、牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。 ほろほろと崩れる柔らかさ。 そし…

続きを読む

和優(夜)@練馬

「和優」 【中村橋/和食】 黒龍のしずく入荷という情報を得てしまい、前回から3週間経たずに訪問。 鮪と氷見の寒ぶりに併せて冬の味覚を堪能し、この日の目的はこの時点で達成してしまった。 普段とは少し趣向を変えて蕪の蟹あんかけ。 鳳凰美田 赤判 純米大吟醸 無濾過生原酒 山田40% しずくにあてられて同系統の綺麗なお酒をチョイス。 鰆のアクアパッツア。 鰆は大人になってからその美味しさに気付いた魚。 蛸の天婦羅。 この日の炊き込みご飯はズワイガニをチョイス。 春が来る前に冬の味覚を駆け込みで楽しんだ。 和優 (居酒屋 / 中村橋駅、豊島園駅、富士見台駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

老辺餃子舘(夜)@新宿

「老辺餃子舘」 【新宿/中華】 休日の新宿にて所用の後にランチ。 特に店を決めていなかったのでタイムズスクエア周辺をうろついて飲食店ビルを発見。 地下のイタリアンは行列。 鮨と焼肉は日曜休業という事で残るは沖縄料理とこちらの中華。 経験則的に休日昼間ならどちらも空いているだろうと思い中華の方へ飛び込んでみる。 五目野菜炒め。銀杏がよいアクセント。 見事な羽根の焼き餃子。 12個入りで海老&蟹肉・干し貝柱&ズッキーニ・キノコ・生ホタテと4種の味が楽しめる。 ただ、見た目ではどれがどれだか分かりにくいのが難点。 卵と黄ニラの炒め。 牛肉とピーマンの細切り入りそば。 具材がチンジャオロースの醤油ラーメン。 餡の種類が豊富な蒸し餃子。 複数の味が楽しめるセットが2種類。 A:海老、鶏肉、白菜、椎茸 B:干し貝柱、セロリ、白身魚、トマト 決めきれなかったので目をつぶってメニュータブレットをタップ。 結果おもしろそうなBとなる。 白身魚の薄切り甘酢あんかけ 最後に炭水化物を。 見た目が面白い黒米炒飯を頼んでみたが味も意外といける。 黒米のプリっとした感触が炒飯と良く合っている。 ドリンクはハイボールを専ら。 ジャックダニエル、デュワーズ12年、ジョニーウォーカー黒ラベルから選べるが、この中だとやはりジョニ黒一択となる。 紹興酒も惹かれるがプリン体の含有量が半端ないので我慢。 老辺餃子舘…

続きを読む

和優(夜)@練馬

「和優」 【中村橋/和食】 正月二日目の夜は近場のお店を予約して正月の挨拶がてら顔を出す。 尿酸対策としてビールは控えて白州のハイボールからスタート。 そこに出てきたのがこちらのプリン体豊富な白子ポン酢。 見た目的に真だちではなさそうで、これは食べないわけにはいかない。 そして、この濃厚なとろける白子を食べれば当然日本酒も。 という事で花陽浴をグラスで一杯だけ。 純米大吟醸無濾過生原酒 続いては天然本鮪と鰤の造りを。 ホクホクとした百合根の天婦羅。 大好きな魚の一つ、クエをしゃぶしゃぶで。 正月らしいクワイを唐揚げで。 日本酒の後は焼酎へ移行したので馬刺しのロースを注文。 最後は正月らしく鯛の炊き込みご飯で〆。 あまり長居せずに帰ろうと思っていたのだけれど、こちらのお店はついつい飲んで食べ過ぎてしまう。 和優 (居酒屋 / 中村橋駅、豊島園駅、富士見台駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

焼肉陽山道 上野駅前店(夜)@上野

「焼肉陽山道」 【上野/焼肉】 2023年の大晦日は上野に所用があったため夕食はこちらの焼肉店を予約。 早めの時間であったにも拘わらずインバウンド中心に店内は活況。 個室に通されてテーブルのタブレットから注文を。 ハイボールの種類が意外と多く嬉しいラインナップ。 角、メーカーズマーク、知多、山崎、碧といろいろ楽しめる。 特上タン塩。 特上厚切りタン塩。 キムチ盛り。 メニューの写真だと少な目だが意外と多めで嬉しい誤算。 神戸牛の炙りユッケ。 全く炙っていないように見えるがこのまま混ぜて頂くタイプ。 和牛特上ハラミ。 ハラミらしい旨味が味わえる。 和牛特上ロース。 神戸牛の炙り寿司。 レアの神戸牛を山葵で。 海鮮チヂミは意外なふわふわタイプ。 お好み焼きのような食感で食べ応えがある。 南部鉄で焼いた焼きめしも気になったが残念ながらチヂミで満腹になってしまったのであきらめる。 2023年も最終日までよく食べた。 焼肉陽山道 上野駅前店 (焼肉 / 京成上野駅、上野御徒町駅、御徒町駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.0

続きを読む

日本酒バルかぐら(夜)@神田

「日本酒バルかぐら」 【神田/日本酒】 司法試験受験時代の仲間と毎年恒例の忘年会。 今年は神田の日本酒バルへ。 16時とかなり早めのスタート。 日本酒100種類を含むお酒が時間無制限で飲み放題という恐ろしいシステム。 流石に店も気を使っているのか、しじみ汁が飲み放題という嬉しいおまけも。 これだけ種類があって飲み放題となると何を選ぼうか迷ってしまう。 そこで前半は雄町で攻めて後半はもはや適当にチョイス。 獅子の里 オリゼー 石川県・松浦酒造 使用米:雄町 亀泉CEL-24 高知県・亀泉酒造 使用米:八反錦 想像のはるか上を行く鰤大根 帆立バター焼き 来福 純米吟醸 超辛口 茨城県・来福酒造 使用米:ひたち錦 彩來 純米吟醸 埼玉県・北西酒造 使用米:雄町 ど辛 純米 秋田県・山本合名 使用米:めんこいな いぶりがっこチーズ 森嶋 茨城県・森島酒造 使用米 賀茂金秀 特別純米 広島県・金光酒造 使用米:雄町、八反錦 開運 特別純米 静岡県・土井酒造場 使用米:山田錦 多賀治 純米 雄町 岡山県・十八盛酒造 使用米:雄町 ここでメニューにある雄町は全て飲みつくした。 初心に戻って出羽櫻。 桜花吟醸 山形県・出羽桜酒造 初心の流れで手取川も 大吟醸 hoshi 石川県・吉田酒造店 使用米:山田錦、五百万石 …

続きを読む

Hideout Bar Ombak(夜)@新橋

「Hideout Bar Ombak」 【新橋/ラム酒】 美ら海の後に2軒目を探して新橋を彷徨ってみる。 最悪、呼び込みの店に行けばよいだろうと思いつつ面白そうなお店を探索。 すると、ドードーの絵が看板に飾られている店を発見。 モーリシャス原産の丸々とした胴体とふわふわの羽を持った飛べない鳥。 人間に見つかって数十年で絶滅した可愛そうな鳥。 気になったものの店は地下にあるので様子は分からない。 少し覗いてみようと降りてみる。 店内はアンリゾート風のダイニングバー。 意外と広く雰囲気の良い造りで運良く空いている席もあった。 早速メニューを開くと意外とモルトが豊富で特にアイラの品揃えに惹かれoctomore 13.1を注文。 しかけたところで、ラムの種類が豊富なことに気付く。 モルトは急きょ取り消してラムを注文。 アグリコール系で樽熟成ものの面白いラムが飲みたいとお願いしてみる。 参考までに味の好みとしてモルトならアイラ系、日本酒なら雄町が好きだと伝えておく。 出てきたのはこちら。 Mocambo 20 Years Art Edition SINGLE BARREL RUM ラムにしては珍しいメキシコ産。ヨーロピアンホワイトオーク樽を使用して20年熟成。 シングルバレルでボトルにはバレルナンバーとボトリングナンバーが書かれている。 ボトルデザインも非常の面白い一品。 ダークラムらしく香りからフィニッシュまで非常に複雑で味わい深い。 ラ…

続きを読む

美ら海(夜)@新橋

「美ら海」 【新橋/沖縄料理】 暁星時代の仲間と新橋の沖縄料理屋へ。 プリン体の少ない料理を求めてこちらを予約。 新橋、銀座周辺の沖縄料理屋はかなり訪問してしまったので新規店の開拓がなかなか難しい。 店内はかなり狭く賑わっている。 お通しのもずく酢をつまみながらメニューを眺める。 沖縄料理にしてはもずくがかなり細め。 メニューは思ったよりも種類が少な目でナーベラやタームがなかったのは残念。 スクガラスも久しぶりに食べようと思ったがこれも見当たらない。 泡盛はボトルで頼もうと思い古酒から琉球王朝をお願いするが品切れ。 では久米仙でと思ったがこちらも品切れ。 仕方なく無難な請福を。 飲みやすいので水割りにするとスルスルとなくなってしまう。 まずは生かまぼこ。 何が生なのか不思議なので調べてみると、どうやら沖縄は油で揚げたチキアギ(さつま揚げ)が定番との事。 なのでこちらでいう普通のかまぼこを生蒲鉾と呼んで区別している模様。 続いてはひらやーち。 こちらのひらやーちはやや厚めに仕上がっている。 普段は薄いものが多いので少し意外。 そしてチャンプルー。 ソーミンも迷ったがひらやーちがあるので、豆腐にしておいた。 沖縄定番のもちもちした麩ではなく豆腐を使っている。 つまみの定番スーチカ。 正直なところ今までスーチカで美味しいと感じた事はなかったけれど、こちらのお店はなかなかいける。 ラフテーは1人前が1枚となってい…

続きを読む

ふじ屋ハナレ(夜)@新宿三丁目

「ふじ屋ハナレ」 【新宿三丁目/鉄板焼き】 久ぶちに世界を飲み干す会のメンバーと。 3丁目の雑然とした雰囲気の中にあるかなり小さめなお店。 フロアは1階と地下に分かれている。 予約数分前に到着したが前のお客さんがまだいたため席が空いておらず、狭い店内でしばらく待たされる。 この日は飲み放題でのコース予約。 味噌キャベツと枝豆でハイボールを流し込む。 もつ1品目はガツポン酢。 そしてもつ鍋が意外と早いタイミングでやってくる ぷりぷりのもつに七味を掛けて今年初のもつ鍋を堪能。 低温調理レバ刺しは写真を撮り忘れたが、新鮮で大振りな食べ応えのある味だった。 そして葱たっぷりのレバー焼き。 ゆっけ もつ焼きの部位は失念。 後から写真を見ても何だか分からず。 ピリッと辛い手羽先。 再びもつ焼き。相変わらず部位は不明。 ハツのような気もする。 最後は雑炊ではなくちゃんぽんで締め。 レバーはプリン体が多いのだけれど、ついつい食べてしまった。 ドリンクはひたすらハイボール。 2軒目は近くのレモンサワー豊富な居酒屋へ。 流石に年末だけあってどの店も非常に賑わっている。 昔とは店の顔触れが変わってしまっているが、この3丁目の賑わいは相変わらず。 新宿三丁目ふじ屋ハナレ (もつ焼き / 新宿三丁目駅、新宿御苑前駅、新宿駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

ステーキ 吉祥(夜)@池袋

「ステーキ 吉祥」 【池袋/鉄板焼き】 池袋にて鉄板焼き。 東口のビル7階。エレベーターや店の入り口はやや不安になる造り。 コロナ中から中途半端なビルにこのような鮨、天婦羅、鉄板焼きなどの単価の高い店が入ることが増えたような気がする。 こちらのお店も今年の5月にオープンしたばかり。 店内はカウンターと個室のみ。 A5ランクの神戸牛のみ仕入れているとの事。 旬の鮮魚のマリネ 神戸牛サーロインのしゃぶしゃぶ マスカルポーネとズワイガニの茶碗蒸し 神戸牛サーロインの肉寿司 雲丹乗せ トリュフ香る神戸牛ローストビーフサラダ 伊勢海老の鉄板焼 最高級A5黒毛和牛サーロイン、フィレの食べ比べ 季節の焼き野菜 食事は炊込みご飯や鮨、ガーリックライスなどから選択できる。 鉄板焼きらしくガーリックライスを。 鉄板焼きで個室に入ってしまうと、楽しさが半減することに気が付いた。 神戸牛 個室 ステーキ 吉祥 (ステーキ / 池袋駅、東池袋駅、都電雑司ケ谷駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

馬並み家(夜)@新橋

「馬並み家」 【新橋/焼肉】 3社前のお取引先チームメンバー7名と久しぶりに。 入り口は雰囲気のある古民家風。店内はテーブル席と座敷が所狭しと並び大分賑わっている。 馬並みというだけあってまずは精の付くドリンクが配られる。 最高級小田桐牧場の馬肉お造り特上六点盛り。 赤身、ロース、ザブトン、フタエゴ、霜降り、コウネをゴマ油や醤油で味わう。 切り落としカルビはジンギスカン鍋で馬肉焼き。 生でも食せる鮮度という事で確かに美味しい。 これだけ厚みがあるのに全く硬さもなく旨味を存分に味わえる出色の一品。 名物歌麿鍋 特選霜降り馬肉のすき焼き。 玉とろにつけて頂くスタイル。 最後の締めは意外なとろろ蕎麦。 店仕込南蛮味噌添え。 コースだったので他に季節の揚げだし豆腐、南部煎餅と野菜盛りがあったらしいけれど記録も記憶もなし。 もはや仕事を超えたつながりで10年たって今でも相変わらず楽しいひと時を過ごす。 馬並み家 新橋 (居酒屋 / 新橋駅、内幸町駅、汐留駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

CANTON8(夜)@銀座

「CANTON8」 【銀座/中華】 大学時代の友人と銀座で香港料理。 最近は尿酸値に気を使ってプリン体をなるべく避けるべく店をチョイス。 和食はこの時期、魚卵や肝系が多いのでパス。 ワインも醸造酒なのでパス。 という事で消去法的に中華へ。 上海で6年連続のミシュラン2つ星を獲得した香港料理のお店。 コリドー街の8丁目にあるニッタビルの8階。 このビルは楽しそうなお店が多く入っている。 店内はスペースが広く開放感のある雰囲気となっている。 今から30年近く前。 大学時代に友人と香港へ旅行して食の美味しさに舌鼓を打った記憶がよみがえる。 とはいえ香港料理が何者なのかはよく分かっておらず。 基本的には広東料理に属するようで点心を楽しむ飲茶文化がイメージしやすい。 食材だとフカヒレ、燕の巣、干し鮑、干しナマコ、干し貝柱などの高級食材も多い。 この日は2軒目もあったので軽くつまむ感じで注文を。 まずは前菜の4種盛り。 窯焼きハニーソース叉焼、窯焼きパリパリ焼豚、桜クラゲの冷菜にキクラゲ。 窯焼きパリパリ焼豚は評判通りの美味しさでお代わりが欲しくなる。 点心からCANTON8海老蒸し餃子、とび子のせ海老入り焼売、スペアリブのトウチ蒸し。 ポーション少な目で色々な種類が楽しめる。 最後に一品料理から牛カルビの鉄板焼き。 悪魔チャーハンもお勧めらしいのだけれど炭水化物は控えておくことに。 ドリンクはひたすら角ハイボール。 L…

続きを読む

AMUSEMENT(夜)@恵比寿

「AMUSEMENT」 【恵比寿/バー】 2週間に訪問したばかりでの再訪。 今回は23年前から一緒にアミューズメントへ通っている古き良きメンバーと。 先に着いてしまったので一人で飲み始める。 いつも通りヴァイスを。 ヴァイエン ステファン ヘーフェヴァイス(Weihenstephaner Hefe Weissbier)。 変わりどころで、サツマイモとゴルゴンゾーラのポテサラ。 ワカサギのフリット。 ビールとの相性がとても良い。 定番。八丁味噌のスペアリブ。 最後まで削ぎ落として隅々まで頂く。 2杯目以降はCOEDOの漆黒、ブリュードッグエルビスジュース(BrewDog Elvis Juice)。 そしてドラフトからボトルに移行。 久しぶりにドイツのフランツィスカナー ヘーフェヴァイス(Franziskaner Hefe-Weissbier)を頂こうかと思ったら生憎品切れ。 そこでエストニアのプラヤ(Pohjara)を飲もうと思い、いくつか面白いボトルを紹介してもらう。 選んだのはこちら。Pohjala Kamin。コニャック、シェリー、アイラの樽で熟成したインペリアルポーター。 説明を聞いた時点で好みの味わいであることが想像できる。 他にもモルトを使っていないものなど相変わらず興味を引くものがたくさんあった。 鮟鱇のフィッシュ&チップス。 ビネガー掛けてさっぱりといただく。 そして、今まで頼んだことが…

続きを読む

日々季(夜)@江古田

「日々季」 【江古田/居酒屋】 いつものお店が満席で予約できなかったので2駅ほど足を延ばして江古田まで。 ご夫婦で営んでいるという和食とワインのお店を予約して訪問。 テーブル5卓にカウンター3席のお店。 久しぶりに沼津のベアードにも惹かれて迷いながらも、まずは軽めのヴァイツェンと思い磐田のベアレン醸造所。 長野志賀高原ビールのIPAが用意されている。 お通しに蓮根と鶏肉をつまむ。 柿とりんごのマスカルポーネ白和え。 造りの盛り合わせは天然インド鮪、アオリイカ、八幡鯛。 八幡鯛は関サバや関アジでおなじみの豊後水道で取れる真鯛との事。 ワインが売りなのだけれど日本酒が欲しくなり1合だけ頂く。 銘柄は失念。 続いて下仁田葱。甘くてとろける美味しさ。 そして楽しみにしていた鰤の炭塩タタキ 柚子塩ダレ添え。 鰤の脂と柚子の柑橘が見事な相性。 日本酒の後はワインへ移行。 グラスの中から白のオーガニックや季節がら赤のボジョレーヌーボーもつい注文。 宮崎牛トモサンカク炭火焼き 大人向けのポテサラ。 トリュフ香る炙りベーコンと生コショウのポテトサラダ。 チーズの盛り合わせは白カビ、ブルーに山羊。 シェーブルは厳しいかなと思ったのだけれど、これはいける。 どんなチーズなのか聞いておけばよかった。 和食とワイン 日々季 (居酒屋 / 新桜台駅、江古田駅、桜台駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.…

続きを読む

うしごろ@池袋

「うしごろ」 【池袋/焼肉】 白山周辺で所用の後にランチで予約しておいた池袋のうしごろへ。 今年の夏にオープンしたばかりの新店舗。 昼のアラカルトは提供が遅くなるという口コミを見てコースを予約。 うしごろはちょうど1年ほど前の新宿3丁目店以来。 厳選和牛とキャビアのタルタルからスタート 季節ナムル盛り合わせ とろけるサーロインのすき焼き 溶き卵に付けて一口ご飯を巻いて頂く、いまや焼肉屋の定番。 昔から変わらない極みのタンと厚切りハラミ サラダ コムタンスープ 和牛ヒレカツのトリュフチーズバーガー 肩ロース(クラシタ) 厳選赤身の焼きしゃぶ 水キムチ 厳選赤身と海老の石焼炒飯 最後にデザート どの料理もサーブの後に撮影タイムなのか一時的にスタッフの方が席を外してくれるので心置きなく写真を撮ることができる。 ハイボールから始まって途中からワインに移行。 いい感じで飲んでしまってバーガー以降の記憶がかなり曖昧に。 最後の方で赤身のシンシンかクリを追加したような気もするのだけれど全く覚えていない。 焼肉うしごろ 池袋店 (焼肉 / 東池袋駅、池袋駅、東池袋四丁目駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5

続きを読む

AMUSEMENT(夜)@恵比寿

「AMUSEMENT」 【恵比寿/バー】 旧仕事メンバーとアミュへと訪問。 最近伺っていないなと思ってみたら約1年ぶりの訪問だった。 まずはホウレンソウとベーコン、マッシュールームのサラダから。 ドラフトから定番のヴァイエン ステファン ヘーフェヴァイス(Weihenstephaner Hefe Weissbier)世界最古のヴァイスだけあっていつ飲んでも安定の味わい。 鮪と無花果のカルパッチョ。 珍しい組み合わせ。 そして無花果のフリット。 生ハムとの相性も抜群。 その後はウルケルをミルコでお願いしたり、ブリュードッグ エルビスジュース(BrewDog Elvis Juice)など。 ジュースというだけあって柑橘系の爽やかな味わい。IPAなので軽いだけではなく3種のホップの味わいも楽しめる。 更にゲストタップから(プヤラ サンシティー)Pohjala Sun Cityを。 これもまたジュースのような味わいで、マンゴー、パッションフルーツ、ピーチの3つの果実で醸造されたフロリダ・ヴァイゼとの事。 メインのスペアリブ。 この日もオリジナルソースではなく八丁味噌ベース。 相変わらずの味に舌鼓。 オリジナルソースでの復活も切に願う。 蛸のマリネ。 ワインが飲みたくなるところだけれどモルトへ。 ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)」とのコラボレーションボトル。 日本では未発売とのこと。 自分で加水しよ…

続きを読む

Gokan(夜)@練馬

「Gokan」 【Gokan/スペイン】 半年前ほどにオープンしたこちらのお店。 カウンター4名にテーブル4卓程の小さな箱なので通るたびに覗くも毎回満席で諦めていたが、たまたま早い時間に覗いたら空いていたので飛び込んでみる。 スペイン&イタリアンという事でピンチョスからパスタビザまで幅広い。 特に一品料理が豊富な点が好印象。 まずはズワイガニとアボガドのサラダ。 リンゴドレッシングに山葵マヨ。 各ハイボールを飲みながら頂く。 続いて季節メニューからメダイのカルパッチョ。 柑橘マスタード添え。 ボロネーゼ。 ナポリの定番らしいアンジョレッティ。 トマトサルサ、ルッコラに揚げニョッキ。 サルサがよいアクセントになっておりワインが進む。 肉が食べたくなったのでシャルキュトリー全部盛り。 鶏レバーパテ、ローストビーフ、生ハム、鶏ハム、イベリコサラミ、モルタデッラ、ペッパーサラミといろんな味を楽しめる。 ちょっと変わりどころが欲しくなり、スルメイカ墨とほうれん草の煮込み。 これは日本酒も行けそうな味わいだったが流石に日本酒は置いていない。 鱈のブニュエロ。アイオリソース。 スペインと言えば鱈、バカラオ。 スペインバルの料理はどれも酒が進み過ぎて困ってしまう。 プチクリームチーズフォンデュ。 バゲットでは足りずにパエリア、ピザ、パスタのメニューを眺め、マルゲリータを頼んでしまう。 もちもち生地で…

続きを読む

中目黒グリル(夜)@中目黒

「中目黒グリル」 【中目黒/ビストロ】 横浜で所用を終えた後に中目黒へ寄って夕食を。 ビーフキッチンの斜め向かいにある路面店。 手前にテーブル席、カウンターの背向かいにソファー席、その奥には個室という造りで屋外にはテラス席も。 通されたのはソファー席。 メニューのストック場所が近くスタッフさんも呼びやすい良いポジション。 短角牛が食べられるという事なので肉中心に攻めてみる。 こちらの短角牛はドライエイジングではなく吊るし古式熟成させているとのこと。 いわゆる枯らしの肉らしい。 アミューズは野菜のプリン。 こちらのお店の定番らしい。 野菜の甘みを楽しめる。 プリンと一緒にメーカーズマークのハイボールで喉を潤す。 白州やボウモア、響、ジャックダニエル、マッカランなど意外とウィスキーのラインナップが幅広い。 ウフマヨがのったポテトサラダ。 オニオンフライが掛かっているのかと思ったらこれはポテチ。 肉中心と言いながら、浮気をして秋鯖と焼き茄子の冷製。 岩手県産 吊るし熟成短角牛の特製ローストビーフ。 薬味を乗せて、塩胡椒かソースでいただく。 思ったほど短角牛の旨味が伝わってこなかった。 続いては短角牛バラ肉と牛蒡の八丁味噌ワイン煮込み。 八丁味噌と肉の相性が非常によい。 グラスワインが豊富なので肉に併せるため赤を注文。 「DECOY Cabernet Sauvignon Duckhorn」カリフォルニア カ…

続きを読む

レストラン予約

参加ランキング